目がきれいな女性たち
公開履歴
目とまつげがきれいな女性
"

人は目の大きさで、印象が大きくかわります。
しかし、生まれながらにして目の大きさは決まっているので、そのサイズをかえることはできません。
しかし、まつ毛の長さをかえることで、目の印象をかえることができます。
まつ毛アイテムなどで作り上げた不自然な目元ではなく、自分のまつ毛のボリュームをかえることで目の長さ密度などをアップすると自然に印象をかえることができます。
その方法として、最近は様々なまつ毛育毛剤があります。
まつ毛育毛剤で効果が高いとされているのはルミガンやジェネリック医薬品のケアプロストがありますが、ドラックストアには販売されていないので病院で処方か通販で購入する方法があります。
病院で処方されると高いので、ケアプロストを通販してまつ毛を伸ばすとよろしいかもしれません。

長いまつ毛は顔の印象を美しく、または可愛くさせるのに有効ですが、まつ毛の役割にはそれ以上の大切な役割があります。
それは目を保護し、水分を維持することにあります。
最適なまつ毛の長さの場合、目を乾燥と微粒子から守ることができます。
つまり、空中に浮遊している微粒子や粉塵の量を半減させて、病原菌などが眼球に付着するのを防ぐとともに、目の水分蒸発量を最大で50%もカットするといわれています。
その最適な長さとは目の幅のぴったり3分の1の長さにあたります。
長さが3分の1よりも長いと、角膜に必要以上の風を送ってしまい、乾燥につながります。
まつ毛育毛剤を使い、必要以上の長さにすると、目の健康を妨害する可能性があります。
また、長すぎるつけまつ毛を日常的に使用していると、目の乾燥につながります。
まつ毛の生え際までアイメイクをしていると、目が乾いて、まばたきが多くなったりもします。
クレンジングなどで強くこすることでまつ毛が抜けて減ってしまうと、目を保護する機能が落ちてしまいます。
このように目の大きな人には長いまつ毛があるのは、目を保護するために必要なことであり、まつ毛育毛剤を使用する際にも、最適な長さを意識して使用することが大切です。

"
記事一覧
まつ毛に負担をかけないメイクとは 2019年09月10日

まつげに気を遣う人はまつげ育毛剤でまつげを太くすることやまつげエクステを利用している人も多いかと思います。まつげエクステは目元にボリュームを持たせることができる、おしゃれアイテムとしてよく使われているものですが自まつ毛に負担をかけてしまうことがあります。まつげエクステをする際につかう接着剤などには原...

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の違い 2019年08月23日

まつ毛が貧弱だと、いくらアイメイクをしても、目元の印象が強まりません。元々、まつ毛が少ないという方もいれば、加齢やマスカラやビューラーでまつげが傷み、生えにくくなるケースもあります。このような、まつ毛の悩みを解消してくれるのが、まつ毛育毛剤です。まつ毛育毛剤は、まつ毛の発毛を促したり、抜けにくくする...